ぷちどらで楽しい英才教育!|楽しく学ばせ才能開花!

勉強

考える力を育てる

勉強

幼稚園の年中組ともなれば、簡単な言葉を使った高度なコミュニケーションを取ることができます。そのため、ぷちどらでも三歳から四歳での学習よりも、更に高度な学習を行わせます。年中組用の学習では、実際に鉛筆を使用して使い方を慣れさせることができます。三歳から四歳頃の子供であれば、まだまだやんちゃ盛りであるため、鉛筆を握っても正しく使うだけの集中力が長続きしないものです。四歳から五歳ごろの年中組ともなれば、ある程度の集中力が身につくので、ぷちどらでの学習テキストを利用することで、正しく文字を書けるよう早期での学習をさせることができるのです。絵本として読むことが出来た、三歳から四歳頃のテキストとは違い、四歳から五歳頃のテキストでは、問題も高度なものとなり、子供に考える楽しさを教えることができるでしょう。

四歳から五歳頃の子供が使えるぷちどらのテキストでは、子供が実際にテキストへ文字を記入させることができるものとなっています。自分で鉛筆を使って書き込みさせることで、鉛筆の使い方を自然とマスターさせるだけでなく、問題を読み解き、答えをテキストに書き込むことで、学習する楽しさをしっかりと覚えさせることができるのです。また、副教材を使用することでひらがなや数字などの学習だけでなく、間違い探しによって洞察力を鍛えさせられます。さらにぷちどらでは、迷路などによって鉛筆を扱う速度や正確性も高めるなど、知識だけでなく知能の向上も図ることができるのです。